知っておきたい慶弔マナー | 六本木ヒルズパーティー

Hills Partyをより楽しむ
Hills Partyに参加されたお客様Voice Hills Partyにご参加いただきましたお客様からのご意見です。
Hills Partyのパーティーに潜入 会場の盛り上がりを一足先に体験!夜景の美しさも必見です。
セレブ婚活Story セレブ婚活に役立つとっておきの情報をご紹介致します。
セレブの日常 セレブは普段どんな日常を送っているのでしょうか。
六本木ブログ
オンラインでのご予約ならカード支払い可能

Storyセレブ婚活Story  知っておきたい慶弔マナー

セレブ婚活Story Vol.2 知っておきたい慶弔マナー

大人として、慶弔のマナーはとても大切です。
ハイソサエティな方は、一般の方よりもさらに気を付けている大切な場面でもあります。
「常識がない」と思われないように、しっかりと慶事や弔事のマナーを身に着けておきましょう。

のし袋

のし袋
▲ 蝶結び(慶事用):婚礼以外のお祝い事全般に用います。 ▲ 結切り(慶事用):婚礼のお祝いや全快祝いなどのお祝い事全般に用います。
のし袋
▲ あわび結び(慶事用):婚礼のお祝いや全快祝いなどのお祝い事全般に用います。 ▲ あわび結び(弔事用):通夜・告別式・法事や病気のお見舞いなどにも用います。

水引

水引は、神様へのお供え物をわらなどで束ねていた昔の風習が残ったものです。わらの代わりに和紙を使い、こよりにした和紙を水引として贈り物に使うようになりました。水引には、神様との縁を結ぶと言う意味が込められています。

水引は、「蝶結び」と「結びきり」の2種類があります。
蝶結びは、水切りの端を引くとほどけます。そのため、何度あっても喜ばしい慶事に使います。例えば、出産や入学、昇進、受賞などに使います。逆に、結婚や病気見舞いには使う事が出来ません。

結びきりは、あわび結びとも言います。水引の端を引くと強く結ばれることから、結婚に使います。また、病気見舞いの際も結びきりを使います。これは、「病気や怪我を二度と繰り返さないように」と結び切ってしまうのです。病気見舞いの場合は、袋の左側に赤い線が入ったお見舞い用の封筒が販売されていますので、そちらを使ってもかまいません。

弔事の際の水引は、一度きりを示す結び切りを使用します。しかし、葬儀の際にキリスト教は水引を使いません。袋に百合の花や十字架が印刷されている弔事用のし袋を使用します。

表書き

表書きは、毛筆、筆ペン、サインペンで記載します。万年筆やボールペンは使ってはいけません。百貨店や文房具店の中にはサービスで書いてくれるところもありますので、苦手な方はお願いしてみる方法もあります。
慶事も弔事も黒で書きますが、弔事の際は薄墨で書くのがマナーです。これは、墨が私の涙で薄くなってしまいましたと言う意味を表します。書く内容は、相手の宗教によって書き方が変わります。

仏式の場合は…………………「御仏前」「御香典」「御香料」
神式の場合は…………………「御神前」「御玉串料」「御神前」
キリスト教の場合は…………「御花料」「御ミサ料」

と書きますが、相手の宗教が分からない場合は「御霊前」と書くのが一般的です。外包みは、上側の折り返しを上にして重ねます。これは、再び悲しみがこないようにと言う意味です。

慶事のマナー

招待状の返信

結婚式の招待状を頂いたときに、マナーがあることをご存知ですか?ハガキの御を消す、御芳名は御芳まで消す。「行」を「様」に変える他にも、マナーがあります。

筆記具ですが、薄墨は使ってはいけません。黒か青で記入します。また、欠席をする場合に、病気や仏事などの「不幸」を連想させる理由の場合は、慶事に水を差すことになりますので、「やむを得ない事情により」と曖昧な表現にします。他の慶事に出席することになっている場合も「やむを得ない事情」を使用します。

返信は、必ず期日を守るようにします。遅れてくる返事を待つのはやきもきしますし、速く来る返事はとても嬉しいので、出来るだけ、届いたらすぐに返事を出すようにしましょう。出席の返事を出した後に行けなくなった場合は、分かった時点ですぐに欠席の連絡を入れて下さい。

服装

慶事のマナー・服装

慶事のマナー・服装

慶事のマナー・服装

慶事では、男性はスーツやタキシードを着用します。

女性は、結婚式の場合は白い色や白に近いベージュは避けるようにします。黒はマナー違反ではありませんが、男性の服装や親族の着ている着物が黒ですかた、会場を華やかにするためにもカラードレスで行くと喜ばれます。

露出の多い服装や、ファー素材の服装は避けて下さい。袖のないドレスの場合は、羽織りものを着用します。ただし、夜の披露宴の場合は露出のあるドレスでもマナー違反ではありません。しかし、挙式時はどの時間帯でも露出を避ける必要があります。

靴は爪先が隠れるパンプスが正式です。ミュール=つっかけ、ブーツ=防寒具ですので、履いてはいけません。ストッキングは必ず履くことがマナーです。黒は喪服を連想しますので、黒は避けましょう。

バッグは小ぶりのものを持っていきます。動物の革やファー素材、アニマル柄は「殺生」を連想しますので使用してはいけません。また、ビニール素材等のカジュアルすぎるものもマナー違反になります。時折、荷物が入りきらずに紙袋を持ち込む方がいらっしゃいますが、これもマナー違反。サブバックもフォーマルなものを選び、こちらはクロークに預けて会場へは持ち込まないようにします。

髪型は、アップやハーフアップでセットするようにします。おろして行ってもいけないわけではないのですが、「セットしていない」と思われる心配があります。

結婚式での服装は、お相手の親族の方にチェックされていると思って下さい。新婦の友人として出席しているあなたを見て、新郎の親族は「○○さんには常識のある友人が多いのね」と判断するようになります。

弔事のマナー

滅多にありませんが、時には慶事と弔事が重なってしまうことがあります。その場合は弔事を優先します

お通夜でのマナー

お通夜は、地味目の服装でカジュアルではないものを選ぶようにします。しっかりと礼服で行く必要はありません。仕事帰り等にかけつけることになりますので、仕事で着ていたスーツや制服で行ってかまいません。中には作業着で来られる方もいらっしゃいますが、こちらも問題ありません。
通夜ぶるまいをお願いされたら、断るのはマナー違反です。これは、親族が用意する故人との最後の食事になりますので、1口でも良いので必ず口をつけるようにして下さい。

告別式でのマナー

告別式でのマナー

男性はブラックスーツ。白無地のシャツに黒いネクタイ。靴下と革靴も黒いものを着用します。
女性は黒のワンピースやスーツなどのフォーマルウェア。弔事用として販売されていない物を着用しても問題ありません。ストッキングと靴も黒いものを着用します。アクセサリーは結婚指輪と真珠のみとなります。ネックレスなどを着ける場合は、二連三連のものは重なると言う意味になりますので、一連のものにします。